会社案内
test

日本環境認証機構
国際規格取得

ISO 9001:2008

会社概要

あらゆるニーズにフレキシブルに対応、ケーブルで未来を創造する冨士電線。

本社工場は松山観光港の風光明媚な場所に建設された最新鋭工場で、ゴムキャブタイヤケーブル専門工場として、長さ250mの建屋など高度に合理化された近代的設備を誇っています。

称号 冨士電線株式会社
FUJI. ELECTRIC WIRE CO.,LTD.
役員 代表取締役社長 橋 修三
取締役副社長 高須賀 周三
所在地 本社及び工場
〒791-8081 愛媛県松山市高浜町1丁目2240-1番地
連絡先 TEL:089-952-0052(代表)
FAX:089-952-0069
ホームページ http://www.shikoku-fuji.co.jp/
設立年月日 昭和23年5月26日
資本金 4,800万円(授権19,200万円)
事業目的 電線、電纜、製造および加工
上に付帯する事業および関連する一切の業務
従業員数 事務職員 9名
技術職員 12名
作業員男子 35名
作業員女子 8名 計64名
取引銀行 愛媛銀行本店
月産能力 銅量 150t
年間売上高 265,000万円

会社沿革

昭和 23年5月 松山市高浜町1丁目乙の60番地において、元四国逓信局長加藤雄一が創立。資本金150万円。
32年2月 本社・工場移転完了。
32年3月 資本金600万円に増資。
42年3月 資本金1,800万円に増資。
42年6月 被鉛工場を新設。
43年3月 宇和川一正退任に伴い、専務取締役中矢春光、取締役社長に就任。
43年8月 資本金3,600万円に増資。
47年1月 ベント式連続加硫押出機を新設のため、工場増築。
47年2月 資本金4,800万円に増資。
61年5月 新鋭押出機4台設置。
平成 7年8月 厚生施設・食堂・風呂場・更衣室を新築。
11年9月 太陽電線(現 太陽ケーブルテック(株))との技術提携に伴い、連続加硫押出機等の設備移設。
16年12月 国際規格ISO9001:2000の認証を取得。
中国強制認証規格CCCを取得。
20年3月 代表取締役社長に橋修三が就任。
21年3月 自動引落伸線機を新設。
21年3月 古河電工産業電線(株)甲府工場より連続加硫押出機等の設備移設。
27年4月 従業員持株会を創設。